« 2月10日ビギナ-大会(フロンティア) | トップページ | 4月13日肉のおおうちカップ »

プレミアムカップ2008

2008年3月2日 天気sun

この日は人数がギリギリで厳しい一日になったbearing

参加メンバーは とし、ふじ、くま、やっちゃん、たかひと、えりか の6人。

一試合目、 vs Poison

スタメンはくま以外の5人、くまはピッチの外で応援。今日は交替要員が極少、体力もつかなぁと心配していたら後ろに人の気配が…

ふと、気づくとそこにいたのは欠場といっていた8、これで何とかなるかもhappy02sign03

試合は膠着状態が続き、選手交替えりか→くま、さあ行くぞと思った矢先連続2失点weepそのまま前半終了。

後半、8が出場。まずは1点と果敢に攻めるが決め手に欠け、時間だけが過ぎていった。終了間際8のドリブル突破からくまへパス、くまはそのままゴールへ流し込むsoccer1-2

その後も攻めたが結局そのまま試合終了。惜しい試合内容だったため残念。

2試合目、vsポンキッキーズ

この試合は荒れ試合(違った意味で)となった。

仕事があるため8が抜けたため、6人で望むこととなった。試合開始直後失点0-1、その後とし→ふじで1点返し1-1soccer、いけるぞと思ったら2失点1-3、このままではマズイみんながんばろう……あれ、ふじの姿がないsign02ピッチの外を見る→うずくまる巨体→ふじfuji

どうやら、怪我dangerをしたようだ。あとで聞くと接触でもなく足をひねったみたいだ。巨体を支え切れなかったのだ。大事に至らなければ良いが…

後半、ふじが出れないため5にんギリギリbearingで開始。メンバーの体力も落ちてきて、たかひとも前日の練習で痛めた足が限界に近づきまともに攻めれないと判断。ゴレイゴ→エリカ、ピボ→とし、アラ→やっちゃん、くま、フィクソ→たかひと の異例のポジションrunをとる。

隙を見て攻め2点を決めるが、それ以外はほぼサンドバック状態。終わってみれば3-9の大敗crying。終わる頃にはみんな限界に達していたため、3試合目は続行不可能となり、セレクト史上初の棄権hospitalとなりました。

終わってみての感想

人数が少なかったとはいえ、セレクトも年齢には勝てないと思った。まだまだ続けて行きたいが若くないがゆえに、事前のストレッチはしなくちゃいけないと思った。みんなの怪我が早く治るように願います。   BY くま

|

« 2月10日ビギナ-大会(フロンティア) | トップページ | 4月13日肉のおおうちカップ »

フットサル試合2008 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210014/40387335

この記事へのトラックバック一覧です: プレミアムカップ2008:

« 2月10日ビギナ-大会(フロンティア) | トップページ | 4月13日肉のおおうちカップ »